海外FX|売買経験のない全くの素人だとすれば…。

テクニカル分析に関しては、基本としてローソク足を時間単位で並べたチャートを使うことになります。パッと見難解そうですが、ちゃんと理解することができるようになると、本当に使えます。
EA自動売買に関しては、人間の感覚とか判断が入り込まないようにするための海外FX手法だとされますが、そのルールを企図するのは人間というわけですから、そのルールがその先もまかり通ることはほぼ皆無だと思っていてください。
実際のところは、本番トレード環境と海外FXデモバーチャルトレードの環境では、本番トレード環境の方が「トレード毎に1pips程収益が落ちる」と理解した方が賢明です。
将来的に海外FXを行なおうという人や、海外FX会社を換えてみようかと検討している人用に、日本で営業している海外FX会社を比較し、一覧表にしております。是非ご覧ください。
売買経験のない全くの素人だとすれば、難しいだろうと感じるテクニカル分析なのですが、チャートのいくつかのパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの判断が圧倒的に容易くなると明言します。

「忙しくて昼間の時間帯にチャートを確認するなどということは不可能だ」、「為替変動にも直結する経済指標などを即座にチェックできない」とお考えの方でも、海外FXスイングトレードの場合はそんなことをする必要もないのです。
FX会社に入金される収益はスプレッドを設定しているからなのですが、例を挙げればNZドルと日本円を取り引きする場合、FX会社は顧客に対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用することになります。
チャートのトレンドがはっきりしやすい時間帯をピックアップして、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードにおける重要ポイントです。FX日計りトレードだけじゃなく、「落ち着く」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どんなトレード法に取り組もうとも決して忘れてはいけないポイントです。
FX日計りトレードとは、一日24時間ポジションを継続するというトレードをイメージされるかもしれませんが、実際はニューヨークのマーケットがその日の取引を終える前に決済を終えてしまうというトレードのことを指しています。
トレードのひとつの戦法として、「為替が一定の方向に変動するほんの数秒から数分の時間内に、薄利でもいいから利益を絶対に得よう」というのが海外FX短期売買というトレード法です。

EA自動売買の一番のセールスポイントは、不要な感情が入る余地がない点だと言って間違いないでしょう。裁量トレードの場合は、必然的に感情がトレードをする最中に入ることになってしまいます。
テクニカル分析の方法としては、大きく分類すると2通りあると言えます。チャートにされた内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「分析専用プログラムが自動的に分析する」というものです。
EA自動売買につきましては、そのソフトとそれを正しく実行してくれるPCが普通の人が購入できる価格ではなかった為、ひと昔前まではほんの少数のお金を持っている投資プレイヤーだけが取り組んでいました。
海外FXスイングトレードの長所は、「常日頃から取引画面から離れずに、為替レートを追いかける必要がない」という点であり、サラリーマンやOLにフィットするトレード法ではないかと思います。
買いと売りのポジションを一緒に所有すると、円安・円高のどっちに動いても利益を手にすることができるというわけですが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍神経を注ぐ必要に迫られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする